イラストレーターKrimgenのお知らせや日々のこと。
幸せとは

オーストリアの人はのんびりしています。

オーストリアに来てから、これには毎回驚かされました。

 

日本など東アジアの国は人口も多く、

競争に揉まれて育ちます。

これは未だに熾烈な受験戦争があり、就職の競争があり、

社内での出世争いがあり、子育てや出産で競い合い、

ということが「至極当然である」という風潮からも

よくわかると思います。

日本人は競争が大好きそうに見えます。(私はその競争が苦手でした)

 

そんな社会で育った私にはオーストリアの教育は

本当にこれで大丈夫なのかな、と

思うくらい子供を甘やかしているように見えます。

子供はのびのびと、本当に幸福そうに

好きなことをやって暮らしています。

 

大人たちも家族と過ごす時間を一番大切にしていて

のんびりと大きな家に住み、時の流れが止まったかのように

暮らしています。

「余裕を持った人生」というのが最も重要視され、

それは一種のオーストリアのステレオタイプです。

そして皆「幸福とはかくあるべし」という風に本当に幸福そうです。

 

そんな周りの人たちを見ていると、私は何をこんなに生き急いで

必死に働き、何かを目指して一生もがき続けるのか。

そしてそれは一種馬鹿馬鹿しいことなのかという思いが

過ぎることがあります。

彼らのように力を抜いて生活に満足し、生きていければ

私も幸福に感じるのだろうか?と。

一生懸命そういう人生を自分の中に当てはめてイメージして見たのですが、

どうやらそれでは私は幸福を感じられないようです。

 

「幸せとは何か」というのは人間がよく持つ疑問ですが、

日本人はそのことを各人が真面目に考えて、人と比較し、

悩み、そして諦めていく人もいます(ある意味個人レベルでとても賢い)。

オーストリア人は生まれた時から「幸せとはかくあるべし」

という確固たるものを持っている(与えられている)人が多く、そして実際に幸せそうです。

 

思うに、人間にはぽっかりと穴が空いていて、その空洞を何かで

埋めることができれば「私は幸せである」

と感じることができるのでしょう。

空洞は生まれや育った環境、経験によって広がったり小さくなったり。

その穴が埋まりきって満足している人がオーストリア(の白人社会)には多い。

 

穴を埋めるピースは本当はそれぞれの人間で違う形のピースが必要なので

「幸福そうな人」の真似をしたとしても空洞が塞がらず結局うまくいかない。

日本人は自分たちの空洞を埋めたいと必死に幸福そうな人の真似をしてピースを入れて見るんだけれど

合わないことに戸惑っている人が多く(提示されるサンプルが少なすぎる様にも見える...)、

オーストリア人は子供の頃から大人から

「さあこのピースを入れるんですよ」と教わって貯め続けているので元々空洞が小さく、

埋まっている人が多い(様に見える)。

 

実際にはオーストリアにも悩んでいる人はいます。

「このステレオタイプのピースを入れられ続けて来たけど、どうやら私には合わないみたい」

と大人になってからふと気付くタイプ。オーストリアの外に行く人が多いです。

日本人の中にも、熾烈な社会の競争に勝って何かを得たとしても、

実際には自分の空洞が埋まっていないことに気がつく人もいる(様に見える)。

 

のんびり暮らしても、競争してもどっちでも良いんです。

その人のピースが埋まる方法を自由に選べるならば。

 

話を自分のことに戻して、

私はどうやら結局のところ、自分の空洞を

自分でものを作って(ピースを作って)埋めているわけですが、

いつか空洞が埋まり切って満足する時が来るのでしょうか。

穴が大きすぎるので埋まる日は見えないですが

作品を作り続けるという点では、来ない方が良い事ですね。

 

私が作ったピースがちょっと似ている

だれかのピースにもなってくれると、私は幸せです。

 

 

 

 

 

 

グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
暮らしの中で
年末から体調を崩してしまい、いろいろと
お返事や、お仕事や遅れが出ており申し訳ございません。

体調が悪い中、なんだかなあ...ということも立て続けにありました。
気にしなければ気にならない、気にしない方が良い、
でも敏感な人は胃を痛めてしまう
人種差別的な扱いを休暇期間中目立って受けてしまい、
風邪の体調の悪さも加えて気分が落ち込んでしまいました。
切り替えないといけません!

戦後70年が経ち、世界の人はどんどん境界を失くして混ざり合うとはいえ
まだまだ古い世の中です。
人種に対する偏見を持っている古いタイプの人が多いことは頭では理解し
また海外で生活する上でいつも大変な緊張感を持って生活していますが
アジア人というだけで不当な扱いを受けることも稀にあります。

歴史ある美しい国に暮らしている反面、
この国の人に失礼の無いよう、行動と身なりにかなり気を遣って
生活しています。
これは意外と神経をすり減らすことなのだと最近気がつきました。

子供の学校や保育園でも出会う人はそれはもう素晴らしい人たちばかりで、
公共の場でも親切を受けることが大変多いのです。
オーストリアは本当に、親切な人がたくさんいます。尊敬できる人も。
この親切は有難い事に、1日に何度も何度も遭遇します。

でも年に数回、全くの他人に突然
悲しみに突き落とされるような侮蔑を向けられることもあります。
ただ私がアジア人で、そこにいるというだけで。
そんな年に数回のことだけで「この国にはもう住みたく無い...」と思ってしまうのです。
受けた親切数十回分が、一度の差別で吹っ飛んでしまう、
それくらい差別というのは心に傷を残す行為です。

悲しいと思いつつ、自分は偏見や差別感を持っていないだろうかと
自分の行動を精査しながら今日も暮らしています。








 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
年末の様子
こんにちは。
2015年も終わりますね。2016年はKrimgenは5周年の年。
右も左も分からず手探りで始めたイラストの仕事ですが、
たくさんの人とのご縁のおかげで、なんとかやっていけています。
2016年はまた違った新しいことに挑戦できるように頑張りますので
これからもKrimgenをよろしくお願い致します。

グラーツは新年のお祝いは花火だけのようです。
クリスマスの飾りつけは引き続き、1月6日まで飾られます。
1月6日はカトリックにとっては東方三賢者の日。
この日が過ぎるとやっと日常が戻ります。
今年は雪の一切降らない12月でした。エルニーニョのせいか
世界的に暖冬のようですね。

2016年も健康で暮らせますように...!

 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
グラーツ小話
こんにちは。今週からみんなクリスマス休暇を取り始めるのかな?と思いきや
以外と働く人が多いグラーツです。

私は毎日朝夕と、下の子供を幼稚園に預けに
トラムとバスに乗るのですが今日はそんな日常のお話を。

まず基本的に、トラムとバスは非常に座席が少ないです。
座る人がゆったりできる作りになっています。
人口25万人の街ですので、ゆったりとしたものです。

それでも早朝と夕方のトラムは午後4時頃の田園都市線くらいには混みます。
混んでいると席を譲る人はいませんが(通路に人がいっぱいなので
返って迷惑になるから?)
日中の空いた時間帯にはお年寄りには100%、必ず席が譲られます。
子供を抱っこした人にも100%。
譲られた方も断ることなく感謝して座ります。
その光景は非常に微笑ましく、見ていて幸せになります。

さてこのトラムとバスですが、市内を移動するぶんには
すべて共通のチケットで乗ることができます。
1時間券、24時間券、1週間券、1ヶ月券、旅行者のための3日券と様々ですが
1時間券が現在2.2Euroだったと思います。(確か...。2.4だったかも...)
ファミリーカードというのがありまして、これをグラーツ市に申請して持っていると、
子供を連れている大人はチケット代金が40%オフに、そして子供料金は無料になります。
1時間券が1.3Euroになり、どのラインも乗り放題です。

日本で一駅120円〜なのを考えると、チケット代金はとても安いのですが、
それでもトラムもバスも改札なしなのでチケットを持って乗らない人は多いわけです。

そこで、運営会社の方では各ラインに検査する人を派遣して、
この普段着を着た素知らぬ顔をした覆面検査員が突然
「検査です!」と身分証を掲げてトラムの前方から順にチケットの有無を確認していく
というドキドキの検閲が始まるのです。

これに遭遇するのがだいたい2〜3日に一回。多いですね。

トラムやバスのチケットは、乗ってから買う人がほとんどなので、
乗ってから一駅、二駅...と過ぎてもチケットを買うそぶりを見せなかった人に
「チケット持ってますか?」と検査員がチェックするということもあります。

チケットを持っていなかった場合...なんと違反金は95Euroなのです。
これが問答無用なのです...!

検査にひっかかると、皆一様に抵抗するのですが、(もしくは空とぼける)
この抵抗(やとぼけ)が成功したところを見たことがありません。
おばあちゃんたちが集団で大声で抗議をまくしたてても、
犬を連れたカップルが「犬を連れててどうやってチケットを買いに行けと言うのよ!」と
叫んで抵抗しても、(実際には二人いるので買いに行けたのですが...)
怒って抗議しながらバスから降りても...
検査員は絶対に容赦しません。
降りた人はどこまでも追いかけられて、結果違反チケットを切られます...。

さて、違反金の95Euroですが、
なんとここにもファミリーカードの恩恵がありまして、
ファミリーカードを持っていると65Euroくらいになります。
違反金まで割引していいのか?と思いますが、
そういうところがグラーツらしいのんびりした空気感なのかなと思います。













 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
幻想的なランタンのお祭り
ハロウィンも終わり、
今年も残すところあと2ヶ月という話題が出る時期になりました。
11月はもうクリスマスへ向けてまっしぐらでしょうか。

もちろんグラーツも、町中「クリスマスの準備はした?」という
飾り付けでいっぱいです。
アドヴェントカレンダーやシュトーレン、パネトーネ、クリスマス市、
クリスマス当日までのお楽しみはたくさんあります。

アドヴェントカレンダーはチョコレートや紅茶の入ったものから
LEGOのものまで様々売り出されています。
特にチョコレートは箱が大きいです。A2サイズはあろうかというものも。

昨年の11月はまだこちらへ来ていなかったので
初めての体験となりましたが、先日子供の通う保育園でLaterenfestがありました。
Laterenfestのお知らせだよ〜と当たり前のように配布物をもらって、
なんだそれ〜と思っていたのですが
(できたばかりの保育園なので完成パーティーかと思いました...)

参加してみたらランタンのお祭りではないですか。

子供達が月や星の形をしたランタンを手に持って登場し、
歌を歌います。なんと司祭もいました。
私はドイツ語がさっぱりなので定かではありませんが、子供曰く
「星がお祭りをしたくて、月や太陽や流れ星を呼んできた」という内容の歌で
「すくすく大きくなーれ!」というようなことを司祭が子供達に
言っていたそうです。

寒いけれど楽しい、初冬のお祭りなのでした。









 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
ブックバザール

先日Grazのブックバザールで、絵本を買いました。
教会の地下で行われている催しで、一月の間週末に開かれます。
それはもうたくさんの本が並ぶのですが、私の目当ては子供の絵本(の挿絵)でして
1960年代〜70年代の絵本を買うことができました。
鮮やかな色使い、創造的なモチーフ、美しいバランスに惚れ惚れします。
私の絵はまだまだ枠にとらわれたものが多いと実感させられます。

現地の人は古い絵本にはあまり興味はなさそうです。
(絵本、漫画は子供っぽいもの、という認識が一般的。)
一番の人気コーナーは楽譜や音楽関係の本の部屋でした。
音楽大学もあり、音楽家がたくさんいるこの街ならではの光景だなーと眺めていました。





 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
グラーツのおまつり

9月18日から20日はグラーツのあるシュタイヤマルク州のフェスティバルでした。
民族衣装を身につけて、屋台で食べたり飲んだり、ステージで行われる
フォークダンスや演奏、ファッションショーを見る、というイベントです。
毎年やっているみたいです。このフェスティバルに私は5年前にたまたま訪れることができて
それはもう驚いたのですが、やはり2度目も町行く人の半数が民族衣装なので
すごい光景でした。(民族衣装を着て出かけるのは日曜日だけでした。)
(普段はこの1/5くらいしか通りに人はいません)

ところがグラーツに暮らして10ヶ月も経ちますので、この皆が着ている衣装が
普段から街のあちこちで売られていること(民族衣装専門店?があります。)、
食べ物や名産(かぼちゃとか...)がわかってきたことなどもあり、
美味しそうなものをつまんで食べて帰る、というまったり時間を過ごしました。

このフェスティバルでは皆がピンク色の飲み物を手に持っています。(しろもあります)
Sturm(シュトゥルム)という飲み物です。ワインになる前の、発酵が始まった段階の
ジュースとワインの間みたいな飲み物で、しゅわしゅわと炭酸が入っていて美味しいものです。
こちらに来てから100%リンゴジュースをガス入りミネラルウォーターで割って飲む
というのを知りやってみると美味しくてはまっているのですがそれに近い感覚なのかな〜と...

Sturmは英語でもドイツ語でも「嵐」とかいう意味ですが
ここグラーツの地元サッカーチームもSturm。なぜ飲み物にこの名前なのか...。
(だれか教えてください...)

ところでこのイベント、息子のクラスメート20人中「行った」と答えたのは
なんと2人(息子と最近アメリカから来た転校生)だけでした...!
グラーツ市民は「毎年変わらないし...」という感じなのかもしれません。
もしくは民族衣装なんて持っている人は限られているのか...
じゃああの人数の人はいったいどこから来ているのか...
色々と謎が深まります。

イベント自体に観光客を呼ぶ気は、なんと全く感じられません。
イベントの告知もA4サイズのチラシを、イベントの前週にトラムに貼り付けるだけ。
websiteもドイツ語のみ(しかも探さないと出てこない)。
地元愛の強いシュタイヤマルク州らしい、地元民のためのお祭りでした。








 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
イタリア

グラーツから車で4時間、イタリアのカオルレという港町にいってきました。
(東京から車で軽井沢に行くくらいの距離感です。)
なんといっても、飢えに飢えた魚介類が食べられるのです...!味は言うまでもなく美味でした...!
カオルレという町は海辺に教会がありまして、
この教会が嵐の時に海に飲み込まれなかったということで奇跡の教会と呼ばれています。
こじんまりとした、厚い信仰心を感じられる素朴な教会でした。
天井画が非常に素敵で、海の小舟に子供や大人が座っていて、沖に
聖母マリアと子供のキリストが現れたという絵でした。

建物がカラフルで素朴で、周辺にはブドウ畑が広がり、ポプラ並木も。
とても平和な情景です。ドイツ語圏と真逆のゆるい空気が流れていました。
初めて見たアドリア海はエメラルドグリーンで、
チロルの方から流れてくる川もエメラルドグリーン。
透明度が高いというわけではないのですが色が不思議なエメラルドグリーンなのです。

ヴェネツィアに行ってみようということで、この周辺の町のカオルレに
滞在したのですがヴェネツィアよりもカオルレが心落ち着く良い場所で、とても癒されました...。
(でもなんとなく、絵はヴェネツィアにしてみました。)
ヴェネツィアはメインストリートが人混みで、疲れました...。
歴史を感じさせる路地裏が素敵な場所だと思います。
路地裏を歩いて歩いて、印象的な水の情景にふと心奪われる、そんな場所でした。



 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
公園にて

オーストリアの公園では、一人乗りのブランコをあまり見かけません。よくあるのはこの
とても丈夫な籠型ブランコです。3さいくらいの子供が2〜3人乗れるサイズで、
大人が乗っても大丈夫。手足を投げ出して寝転んで乗っている大人もみかけます。
この籠型ブランコに乗っている子供達はにこにこきゃっきゃ、というより無表情なことが多いです。
リラックスしてるのかな。小学生くらいになると一人でにこにこ乗っている子もいますが
2〜3歳児には「なんか乗せられてるよ」という感じなのでしょう。
日差しを求めて今公園は大にぎわい。芝生では肌を焼く大人達がごろりごろりと海岸のように
寝そべっています。白人の人たちは小麦色の肌がゴージャス、という文化のようですが
そんなことしなくてもすぐに日に焼ける有色人種の私は日差しを避けながら生活しています。
 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
ピンツェいろいろ
こんにちは。先週から始まりましたイースターのお休みですが、オーストリアのイースター自体は明日の4月5日です。
街のお店や病院は4月3日から6日までお休みというところが多く、今日は土曜日だというのにグラーツの街角は
午後3時を過ぎると静まり返っていました。
クリスマスイブの時も思ったのですが、カトリックのイベント時にこの「午後3時を過ぎるとさっさと家に帰って
家族と過ごす」という徹底ぶりには驚きます。本当にさーっと人がいなくなってお店もぱたぱたと閉まっていくのです。
家族で外を歩いていると「一体どうしたの?早く帰らないといけないよ」という視線を感じます(とくにクリスマスは、、)。
キリスト教徒でない人たちはこのイースターをどのように過ごしているのでしょうか。なんだか何もできずあわあわします。

イースターにはオーストリアではピンツェというパンが売り出されるのですが、これが美味しいので
先週からいろいろなところのピンツェを食べています。そうすると、おなじピンツェでも(地域によって?)
随分違うことがわかりました。
グラーツの街のパン屋さんで売られているピンツェはしっとりしていて、食感は日本のパンに近いものです。
(どっしり感は異なりますが。)また、柑橘風味がしっかり効いています。
ところがウィーンで買ったピンツェはしっとりしつつもほろほろとした食感で、柑橘風味はあまり感じられませんでした。
焼き色もグラーツのものより薄いような。そして本日、グラーツのファーマーズマーケットで買ったピンツェはしっとり感が
抑えられほろほろとしたスコーンのようなパンでした!柑橘風味はあるのかないのかわからないくらいです。
卵の配合具合でこのほろほろ感の違いが出るのでしょうか。
なんにせよ、3者の共通点はパンの形状だけ。
もう私の中でピンツェというパンの味はこれといっていいものがわからなくなりました。


 
グラーツ小話 comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>